ペリリュー島へ慰霊の旅

この正月休みを利用して、パラオ共和国のペリリュー島へ慰霊に行かせていただきました。

本やテレビ等でしか、知らないし、見たこともない大東亜戦争の激戦地、ペリリュー島。

periryu-1.jpg

periryu-2.jpg

圧倒的な兵力と装備で迫って切る米軍に対し、勝ち目はなく、ただ本土への侵攻を一日でも遅らせるためだけの戦い。

pariryu-3.jpg

そのために、絶対に帰らないという覚悟で、祖国のために戦い死んでいった日本の兵士の方々の心情は、どんなものだったのでしょうか。

periryu-4.jpg

戦後教育を受けて育った私には、到底想像の及ばない精神状態だったと思います。

periryu-5.jpg

戦後生まれの私にできることは、このことを忘れないこと。

そして、後世に伝えていくことだと思っています。

pariryu-6.jpg

ですから、この戦争での激戦地は多数ありますが、自分が元気なうちに遠くの地を先に慰霊させておきたくて、

この地へ行かせていただいたのです。

最後は、この戦いの指揮を執った中川州男 大佐の自決した洞窟前で、お線香をあげさせていただき、この島での旅を終えました。


多くの日本人の方々に、一度は来ていただきたい島だと思いました。